読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的と手段

今年はインプットを大切にする年にしたいと思っている。

もう一月が過ぎてしまったが、今月はどうだったろうか。

インプットの1つとして日経オンラインをほぼ毎朝読み続けれたのは大きい。

今まではほぼ全く続かなかったからだ。

継続できる人間になることだけが目標になっていた。

その次まで思考を深められてなかったのだろう。継続してどうなりたいのかまで考えが至っていなかった。


今月を通して思ったことは、本や新聞を読もうと目標を立てるだけじゃ続かないということだ。

つまり目的を伴う目標を自分の中で明確にする必要があるのだ。

目的とは「実現しよう、到達しようとして目指す事柄」のことである。(大辞林第3版より)

目標とは「行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準」である。(デジタル大辞泉より)

目的と手段を取り違えてはいけない。辞書にも書かれているように目標は目的を実現するための目印なのだ。


「今年こそは本を読もう」と言って続かないのはそこに目的がないからである。

本を読める人間になってどうなりたいのか?どうしたいのか?といった目的を持つことが動機に繋がる。継続の力になる。

そして、継続は手段でしかないと思う。


今月、日経オンラインを読み続けることができたのも継続することを通して自分の考えを持つ。そしてアウトプットすると言う目的が明確なものとして認識できていたからだろう。目的意識が大切と言われる理由がやっと分かった気がする。


1つ1つこうやって自分が変わって行くのを振り返り書き綴る。そして昨日まで自分のしていたことが間違いじゃないと

信じることで目標に近づきたいと思う午前一時である。

今月はどんな月にしようか